2006年12月05日

ラルフの体調




しばらく様子をみていましたが、

ラルフが 貧血 を起こしてから 約3ヶ月が経ちました!!


DSCF3259.JPG


慌てて急患で行った初めの病院では、
心電図の結果だけで、【 心臓肥大 】 という病気の宣告を受け、

結局は誤診だったのですが、そのときは かなりショックでした。。。


納得のいかなかった私は〜 翌日、かかりつけの動物病院へ!!

そこでの診断は 特に 異常なし!!! でも、すごく心配!!
もっと詳しく調べたいことを先生にお話して、大学病院を紹介してもらいました。

そして、何度か大学病院へ通い、いろいろな検査をしていただきました。
貧血症状を起こす場合、ほとんどが心臓に問題があることが多いそうなのです。
心電図、エコー、血液検査、レントゲン、、、 行く度に検査をしてもらいましたが〜

毎回 すべて異常なし!!!

疑うとしたら 【 タウリン欠乏症 】 かもしれない、、 ということで〜
1ヶ月間、ご飯にタウリンを混ぜて 投与しました。


そして、1ヶ月後に経過診察へ!!

これもまた何の変化も見られず、投与したからといって〜
検査結果に変化が見られるわけではありませんでした。

大学病院の研修生の方が、大学のグランドでラルフを思いっきり走らせて、
意図的に貧血を起こさせて調べようとしたそうなんですが、
これも何の変わりもなく、元気に走り回って遊んでいたようなのです!!

《 この状態で心臓が悪い場合は、確実に何かの症状が出るらしい。。》


そんな訳で、先生から言われたことは〜

検査をして毎回 異常がないとすると、
原因は 【 メンタル的なこと 】 以外考えられない。。。 とのこと!!

以前の検査で言われた、心拍数が少ない。。。 という問題も、
標準値の範囲内の下のほうにある状態なので、
そんなに気にする必要はない、、 ということでした。

先生はラルフとは診察での3.4回しか会ってはいませんが、

ラルフの性格は、、、

『 わりと内弁慶で、飼い主への依存が強いところがあるんじゃないでしょうか?
飼い主の気を引くために、具合が悪い素振りをしたのかもしれませんね。』

と、言われてしまったのです!!

『 えぇぇぇ〜!!演技ですか?犬も演技するんですか??? 』

と、質問すると、、、

『 気を引きたいが為に〜 わざと血便を出す子、びっこをひく子、、、
いろんな子がいるんですよ〜! 』 というお話でした。。。

先生が判断したラルフの性格が、けっこう当たっていたので〜
いろんなわんこを診ている先生だから、鋭いなぁ、、 と思いました!!

《 恥ずかしながら〜 可愛がりすぎて、育て方 間違えたかなぁ。。 》


DSCF3257.JPG  演技しちゃた???


でも、もし演技だとしたら、 私も旦那もびっくり!!!!!





犬が演技するなんて信じられない!!!

自ら貧血を起こして、粘膜を白くするなんてことが出来るのか?!
と、思いましたが〜
思い当たるところもあったし、先生も断言していたので〜
そうだったのかぁ。。 と、少し納得してしまいました。


そう!! 貧血を起こすようなったのは〜
正に私が母の看病で実家に通い出して、
留守にすることが多くなってきてからのことなんです!!

普段、私とべったりいることが多かったラルフは、

環境が変わり、寂しかったのかもしれないなぁ。。 と、思いました。


大学病院に通い始めてから、1・2回の軽度の貧血症状はあったものの、

このところは全くなくなりました!!!

私も母の看病生活に少しずつ慣れてきたし、
ラルフとも心から楽しく遊べる余裕が出てきたんでしょうね。。。

私の不安定な精神状態を、
ラルフは 敏感に感じとっていたんだなぁ、、 と思わされました!!


最近のラルフは元気いっぱいで、よく食べるし、よく寝る!!!

DSCF3328.JPG

毎日のお散歩も楽しそうにしているし、

いつもの公園でもボールを追いかけて〜 走り回って遊んでいます♪

DSCF3324.JPG   DSCF3346.JPG


本当はどこか別のところが悪いのではないか、、、
検査漏れで病気を見落としているんじゃないか、、、

と、いろいろな心配は尽きませんが〜

とにかく今は、元気なラルフ先生の診断 を信じて!!!

DSCF3332.JPG

今後も気にかけながら、ラルフの様子を見ていこうと思っています!!

大学の先生も親身になって きちんと診てくれたし、
何かあったら すぐ連れて来てください!! と、言ってくださいました。。。


今回は、とにかく健康が一番!!!

少々お行儀が悪くたっていい!! 元気でさえいてくれれば!!
改めて そう思った出来事でした。。。


そして、ラルフが体調を崩したとき、、
《 人騒がせなラルフの演技だったかもしれませんが〜 》

温かいコメントをくださった皆様、本当にありがとうございました!!

とっても心強く、励みになりました!!!



ニックネーム RALPH MAMA at 20:21| Comment(18) | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RALPHくん 演技でしたかぁ
ジョンも 足怪我したとき 治ってるのに
演技してましたよ〜顔(汗)
病院の先生曰く・・・演技は年を取るほど狡猾になって磨きがかかるのだとか…たらーっ(汗)
わんちゃんて 驚くほど賢いですね!ビックリ★☆

人間の子供も 親のストレスや精神状態が影響したりするのですが わんこも同じかもしれませんね。。。

RALPHくん 大事に至らなくてなによりでしたかわいい
ママさん パパさん 良かったですね!
Posted by ジョン母 at 2006年12月05日 23:09
こんばんわ♪RALPH君大丈夫そうで良かったですねぇ(〃ω〃)
やっぱり何よりも元気が1番ですもんね♪

のくごぅの応援ありがとうございました♪
私も少し位ガウガウしちゃっても・・食いしん坊でも・・元気でそばにいてくれるのが何よりも幸せだって実感しています(*T▽T*)

Posted by YOU at 2006年12月06日 00:19
そっか〜。ラルフ君、寂しかったのねぇ〜。
でも今は、何の症状もないということは、気持ちが満たされてるのかなぁ?
まだ心配は続くかと思いますけど、一安心ですね。
実は、パフィーも、サスケが来た頃ありましたぁ〜。
パフィーの場合は、びっこ引いてましたぁ。
年齢的に関節が悪くなったのかなぁ?
とも思ったのですが、やきもちからも演技するっていうのを知っていたので、今まで以上に気にかけるようにしたら、ピタッと治りましたぁ。
ワンちゃんって敏感ですね。
Posted by PA-Chan at 2006年12月06日 00:59
ラルフ君、病気でなくて良かったですね。
ママへの振り向いてって言うサインだったんですね。
読ませてもらって、ダルのお腹もそうだったりするのかなぁって思いました。
お留守番犬だから、もっともっと気をつけて
接していかないといけないのかなぁって思いました。
ワンて、すっごく私たちの事を思っている以上に感じてますよね。

ラルフ君、元気一杯になって良かったですね♪
Posted by だるまま at 2006年12月06日 01:04
+ + + ジョン母さん + + +
そうなんです〜ラルフ演技してたみたいなんです!!まったく人騒がせですよねぇ。。
えぇ〜!!ジョンくんも足怪我したときに演技を?!
やっぱり〜わんこって賢いんですね〜!!びっくりです!!!
年取るごとに磨かれるって〜 うちのラルフ、2歳にしてこの演技。。。これからさらに磨かれたらたまりません〜!!
そして、ジョンくんもまだ1歳になってませんよね〜!!かなりの演技派になるかも、、(笑)

そうですか〜子供も影響を受けることがあるんですね。わんこも同じなんでしょうね。参りました!!!

でも〜とにかく何でもなくって本当に良かったです!!ジョン母さん♪温かいお言葉、ありがとうございました!!
Posted by ジョン母さんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月06日 01:07
貧血から結構経つので聞こうかな?どうしようかな?(笑)って思ってました。
ラルフ君何事もなくてよかった〜Good
わざとびっこ引いたりするっていうのは聞いた事がありますがラルフ君の場合は心的なことだったのかもしれないですね。
きっと寂しかったのかな。。
でもママさんも気持ちに余裕が出来てきっと真正面からラルフ君を見て話しかけてあげるようになったのかもしれないですね!
人の子も敏感ですがワンはきっともっと敏感かもしれないですね〜
ラルフ君にはママとパパしかいないもんね!
私も忙しくなると思い当たる事あるので気をつけなきゃと思いました〜ふらふら
ほんとに大事にならなくてよかったよかったぁ黒ハート
Posted by ドナ at 2006年12月06日 01:24
ワンコの演技ってあるんですね。あ、でも人間大好きなワンコだからこそなのかもしれないですね。ママさんやダンナさんはご心配だったと思いますが、演技だとしたら一安心ですね。病院に行かれたりご心配されたり。。。本当にお疲れ様でした!
Posted by Sho at 2006年12月06日 14:24
ラルフ君何事もなくって良かったですねわーい(嬉しい顔)
わんこも気を引くことってありますよねぇー(長音記号2)
ヌーヌーもすぐなにかあると吐いたりするんです顔(汗)
精神的なことでだとは思うのですが…
でも血便とはすごいですね。。。

だけど、大事にならなくってほんとによかったですねるんるん
ママさんとダンナさんもお疲れ様でしたかわいい
Posted by いちご at 2006年12月06日 22:57
+ + + YOUさん + + +
お久しぶりです★
ラルフが演技していたとしたら、本当にすごい演技力です!人騒がせ犬ですが、とにかく今は元気だし、症状も全然出ていないので安心しています。
ほんとに何より健康が一番ですよね!!!それ以上は望まない、、と思ってしまうときがあるんですよねぇ。。

のくごぅくんも〜 すごく経過が良さそうだし、元気な姿が少しずつ出てきているようなので安心しました!!これからの2匹の様子、楽しみにしていますね!!
また遊びに来てください♪
Posted by YOUさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月06日 23:29
+ + + PA-Chanさん + + +
そうなんです、ラルフ寂しかったんじゃないかなぁ、、 と思います。
最近では貧血症状は全くなくて、元気に走り回っているんですよ♪
やはり、いろいろ考えると心配は尽きませんが〜今は元気なラルフを信じようと思っています。

あら、PUFFYちゃんもびっこひいて演技してたんですね!!(笑)ピタッと止まってよかったです〜!!でも私たちは ちょっと心配しちゃいますよね。
PA-Chanさん、すぐに原因に気がついてあげて、すごいなぁ。。☆
私もよく考えて、見習わなくっちゃ!!

わんこって本当に敏感なんですねぇ。。
Posted by PA-Chanさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月06日 23:42
+ + + だるままさん + + +
ラルフが病気じゃなさそうで〜本当に良かったです!お騒がせしましたぁ。。
私も旦那も、まさか演技だったとは思ってもみなかったので びっくりでした。
恐るべし演技力です〜!!
まだ少し心配はありますが、これからの体調に気をつけながら〜接していこうと思っています。

ダルくんの体調もだるままさんの影響を受けている可能性もあるかもしれませんね。。。
わんこって本当に敏感!!お互い愛犬のちょっとした変化にも、気づいてあげられるといいですよね!!
Posted by だるままさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月06日 23:57
+ + + ドナさん + + +
ラルフの体調を気にかけてくださてて、ありがとうございました!!
皆さんにきちんとご報告しなくては、、と思っていたんですが、いろいろ考えるとまだ心配なところがあったりして、しばらく様子をみていたんです。
でも、演技だったとしたら〜まったく人騒がせなわんこですねぇ。。
でもきっと、それだけ寂しかったのかもしれないし、私の精神状態など〜ちゃんと感じとっていて びっくりです。
本当にわんこって敏感なんですよね。嘘はつけません〜!!(笑)
それにドナさんがおっしゃる通り、ラルフには私たち夫婦しかいないんですものね!!!
日々いろいろあるけれど〜わんことも正面から接して向き合ってあげなくては〜!!
Posted by ドナさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月07日 00:08
+ + + Shoさん + + +
わんこも演技するみたいです。
私も先生からいろいろなケースをうかがって、驚きました!!
ラルフもきっと寂しかったんでしょうね。それが貧血という症状を起こしてしまったようです。
まったく人騒がせだなぁ、、とも思いましたが、とにかく病気じゃないようなので良かったです。

まだはっきりと本当に演技だった、という確信もないし〜考えると心配なんですが、このところずっと元気にしてるので 安心しています!!
Posted by Shoさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月07日 00:18
+ + + いちごさんへ + + +
ヌーヌーくんも やっぱり何かの影響を受けやすい子なんですね。。。
本当にわんこって敏感なんですね!!
うちのラルフも演技だったとしたら、まったく人騒がせだなぁ、、と思いますが、とにかく病気じゃなかったでけ良かったです。
最近はとっても元気なので安心しています♪

そうそう、意図的に血便って、すごいですよね!!私も すごく驚きましたぁ〜!!
ウ○チまでコントロール出来る わんこがいるなんて、今でも ちょっと信じられないです!!
Posted by いちごさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月07日 00:28
はじめまして。
ヴァイスという10才のバフ(♂)コッカを飼っている者です。
ラルフ君の症状が、ウチのヴァイスとちょっと似ていたので、
気になって、時々拝見していました。

ヴァイスの症状は、突然腰が抜けたように伏せた状態になってしまい、
体がプルプル震え、息が荒くなり、数分すると治まってウン○やオシッ○をする。
心拍数も少ないと言われていたし、
歯茎の色は白くはなく、薄〜いピンク色でしたが、何となく似ていませんか?

若い頃から、年に2〜3回位の頻度でそういう発作を起こしていました。
初めは『てんかん』かな?と思い、数人の獣医さんや、
電話やイベント会場でやっている健康相談などでも聞いてみましたが、
結局は「もう少し様子をみましょう」と言われるだけで‥‥。
それでも普段はとっても元気で、10才になってからでも走り回っていました。

が、今年の5月、夜中に大きな発作を起こし、
心電図やレントゲン、エコーなどで調べてもらったら、
僧帽弁・三尖弁閉鎖不全、心肥大、肺水腫という病名を告げられました。
レントゲンに写った心臓は、まん丸になっていました。
当初は、お散歩禁止・興奮禁止と言われて‥‥。

それからは血管拡張剤と利尿剤を毎日飲ませています。
5月〜今までに2回ほど軽い発作を起こしたことはありましたが、
現在は比較的元気にしています。
疲れない程度のお散歩もOKになりました。
でも、何か他の病気で手術が必要になった時、
麻酔をかけることは非常に危険が伴うらしく、
「その覚悟はしておいて下さい」とも言われました。

ウチの場合、毎年血液検査などの簡単な健康診断はしていたのですが、
なんでもっと早くに詳しい検査を受けなかったんだろ‥‥と後悔しています。

ラルフ君はひと安心のようですが、
定期的に心電図をとるなどして、心臓には気を付けてあげて下さいね。

別に心配をあおるつもりはないのですが、
私のように後悔して欲しくないと思い、唐突ですがコメントさせてもらいました。
長々と失礼しました。
Posted by かぁたん at 2006年12月07日 14:21
RALPH MAMA、お久しぶりです顔(ペロッ)
ちょっと忙しくて、なかなかブログにもお邪魔できませんでした顔(泣)
ラルフ君、演技だったんですかぁexclamation×2
ママやパパをこんなに心配させる程の演技。
間違いなく、主演男優賞受賞ですよ手(チョキ)
でも、何もなくてヨカッタです。
今回のラルフ君の事で、いろんな病気がある事や、病院選びについても
お勉強になりました。
そして、ワンちゃんが演技する事。
ラルフ君、教えてくれてアリガトウわーい(嬉しい顔)
初めて一人ぼっちになる時間が長くて、寂しかったんですね。。
実は、、、私も急な仕事でバロンが初めての長期のお留守番を経験をしたのですが、
ビッコをひいたりするようになって気になってたのですが。。。
仕事が終わってから、ビッコ見てませんexclamation
今、謎が解けましたひらめき
お行儀なんてどうでもいいですよね犬(笑)
ラルフ君、もうママを心配させちゃダメですよダッシュ(走り出すさま)
Posted by バロンママ at 2006年12月07日 17:11
+ + + かぁたんさん + + +
初めまして★ 貴重なコメントをくださって、ありがとうございます!!
ヴァイスくん、ラルフの症状と似てますね。。。
大学病院では何処も異常がなく、演技かもしれない、、 と言われたのですが、実は〜かかりつけの動物病院で検査結果を報告したら、もしかすると軽度の『てんかん』があるのかもしれないね。。と、言われたんです。
軽いてんかんは治しようがなく、年に1・2回の軽い発作なら様子を見るしかないんだそうです。。。
だから、日々ラルフの体調に気を配りながら〜様子をみていこうと思っていました。
ヴァイスくんも同じだったんですね。かぁたんさんのお話を伺って、詳しく調べてもらう定期健診は必ずした方がいいなぁ、、と改めて思いました。
今は元気にしているヴァイスくんでも、心配ですよね。。。でも少しのお散歩もOKになって良かったですね★これからますます寒くなりますので〜お互い気をつけてあげたいですね!!

貴重なアドバイス、本当にありがとうございました!!嬉しかったです。。。
お時間のあるときにでも〜また遊びに来てくださいね♪
Posted by かぁたんさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月07日 20:29
+ + + バロンママさん + + +
わぁ★ お久しぶりです!!お元気そうで良かった♪
そうなんですよぉ、、ラルフ演技していたみたいなんです。。。まったく人騒がせですよね〜!!
まさに主演男優賞もらえたかも?!ってぐらいの演技力でしたよ。(笑)
でもとにかく今は落ち着いて元気にしているので〜安心しています!!お騒がせしましたぁ。。
これからもラルフの体調に気をつけながら、様子を見ていこうと思っています!!
おぉぉ〜バロンくんも びっこひいていたんですか?!ママさん忙しくって寂しかったのかなぁ。。
ジョン母さんのお話だと、年を取るごとに演技に磨きがかかるらしいですよぉ。。
余計な心配はママさんにさせたくないけど、バロンくんも主演男優賞目指せるかも??(笑)

私もちょっとぐらいお行儀が悪くても全然いいです!!もちろん、社会的に迷惑になることや〜よそ様に危害を加えたりするのは、、絶対にいけませんので〜多少の躾は必要ですが、少々のいたずらは可愛げがあって好きです。
いい子すぎる わんこってわんこらしくないですもの!!だからうちのラルフは必要なコマンドのマテとフセ、ハウス、、くらいしか出来ません〜(笑)
Posted by バロンママさんへ【RALPH MAMA】 at 2006年12月07日 20:50